体内酵素を支えてくれる、対外酵素の役割

酵素ドリンクとは、液体の中の成分に酵素と呼ぶ、 体に対して様々な働きかけをする成分を含んだ飲みモノを指します。

この酵素ドリンクの効果を知るためには、そもそも酵素自体が何か、ということを知る必要があります。

酵素とは体内において、摂取した食物の消化や栄養素の吸収、体内組織の 分解・再生成、内臓の排せつ機能や血液中の免疫機能など、 幅広い役割における調節・促進をもたらす成分のことを意味します。

こうした酵素は数千種類にも及ぶ体内での常在が言われており、 その中には体内で生成可能な体内酵素、体外から摂取する体外酵素に大きく分かれています。

こうした多岐にわたる酵素をバランスよく摂取することで、体内の健康維持を図り、 さらにはその機能の向上が図ることができると言われています。

そして酵素ドリンクの効果には、そうした酵素のバランスを取ることと、 体内機能の向上が含まれています。

先に述べた体内で生成される体内酵素には、さらに消化酵素と代謝酵素の2種に分類されます。

前者は文字通り食物の消化に使われ、

後者はエネルギー代謝や免疫機能などの生命維持活動で使われるモノです。

仮に普段の生活で食べ過ぎや飲み過ぎになると、消化酵素が多くつくられるようになります。

また、消化酵素と代謝酵素には、一方が多く生成されるともう一方が少なくなる関係性があります。

したがって、食生活を中心にした生活習慣の崩れにより、体内での酵素バランスが崩れやすくなります。 こうした場合に体外酵素が有効となります。

自ら自身で分解が可能である体外酵素を摂取すると、その特徴によって自然分解する分、消化酵素の働きを抑制することができます。 そしてこの体外酵素は熱や化学物質に弱いため、天然に近い状態で摂取できる酵素ドリンクの効果が注目されるようになったと言われています。